業務のすべてを診断、そして自動化へ…
業務可視化RPA ソリューションツール
「VisiRobo!?」

業界初︕業務を可視化しRPA の導入効果が分かる
業務を可視化し、自動化・効率化の効果が見える︕

RPA をスムーズに導入し業務自動化が実現できるRPA ソリューションツール タスクマイニングとプロセスマイニングで業務を可視化しRPA で自動化︕ RPA 導入時・運用時の現場のストレスをゼロし、RPA の効果を実感できる︕ 企業のDX 推進に革命を起こす 「 VisiRobo!? 」

タスクマイニングとプロセスマイニングで
現場に負担をかけず社内業務を可視化させ
RPA で業務を効率・自動化しませんか︖

減少する労働人口
求められる生産性向上・DX 化・働き方改革

本国において2030 年には約650 万人の労働人口が不足するという統計が出ています。
その中でG7 の中で生産性が最下位である本国、DX 化などでの働き方改革で早急な生産性の向上の対策が求められています。
これらの問題の解決方法の1 つとしてAi やRPA などのIT ツールを活用し課題を解決していくことが期待されています。
RPA は2,000 年初期より欧米より普及が始まり、日本では2016 年をRPA 元年と言われ、大企業を中心に普及のスピードが加速されてきました。
一方で中小企業への普及の速度は想定より進んでおらず、その一つの要因として現場への負担が大きいといことが挙げられます。
さらには高齢化によるIT 推進意欲の減少、IT 人材の不足など課題は多くあります。

とはいえ、ロボットを使って業務を自動化、効率化したいけど
立ち位置によって課題は様々

IT・デジタル化は必要だが
効果がわからない

担当できるIT人材が
いない

効果が見えないと
経営陣の理解が得られない

各担当の業務整理や
棚卸の負荷が心配

生産性UP・コスト削減は
必要だが、出来るか不安

兼任なので構築が
出来るのか不安

…課題が山盛り

実際にRPAを導入してみたものの

チャレンジしてみたが…

こういったケースも無い話ではない

RPA の導入時の課題を解決させる
業務可視化RPA ソリューションツール

RPA 導入時の最大の課題
「業務の整理・棚卸」の課題認識が全体の45%

既にRPA を導入し定着している企業への調査結果においても約45%のRPA 導入企業では、
RPA を活用するための業務の整理・棚卸に最も時間がかかっています。

とは?

PC ログ解析「タスクマイニングツール」
業務可視化「プロセスマイニングツール」
業務効率化・自動化「RPA ソリューションツール」
を一つにしたIT ソリューション・ソフトウェアです。

Point01
PC ログ解析「タスクマイニングツール」
業務可視化「プロセスマイニングツール」
業務効率化・自動化「RPA ソリューションツール」
を一つにしたIT ソリューション・ソフトウェアです。

Point02
解析したログをプロセスマイニングで業務フロー図にて可視化。
可視化させることで削減時間・仕組みの見直しなど
効果が見え、重複業務・隠れ定例業務も発見が可能に。

Point03
可視化されたフロー図を基に、RPA で自動化を構築。
現場に負担なく社内の効率化が実現できます。

VisiRobo!?を導入したら…

どこでRPAを必要とするのかを分析し、業務の自動化までを一括で行うことができます!

業務分析

業務分析

プロセスの可視化

プロセスの可視化

業務自動化

業務自動化

自動化はVisiRobo!?にお任せ

RPA 導入の際の現場・実務担当者へのヒアリングは最低限でOK!
RPA 導入時の業務棚卸を人に代わりVisiRobo!? が行い
業務を分析・可視化して、自動化します。

いままでは

導入前の業務棚卸など「すべて人」

RPAで自動化

これからは

導入前の業務棚卸など

RPAで自動化

結果

定着までの工数・期間を
圧倒的に短縮!

RPAのスムーズな定着を実現!

ということは…こ・れ・だ︕

デジタルレイバーの特性を活かし

労働環境改善へ

属人性回避

繁忙期の
不満を解消

テレワーク

社内改革
コア業務の強化

定例業務イラっと
からの解放

定例業務の大幅削減
別の業務に着手

ペーパーレス化

離職防止
定着率向上

社内改善・改革へ

(デジタルレイバー)ととともに

働き方改革
労働力不足の解消
DX の推進

もはやRPA を導入しない理由はない!

「VisiRobo!?」はRPA 導入初期の現場の負担を最小限にし、業務を可視化させ、導入効果を明確にし、すべての企業の効率化・生産性向上・DX 化に貢献します。

いつやりますか︖「今です︕」

どうやって業務の分析・可視化をするの?

専用のアプリを使って、
業務の棚卸を行う部署やチーム、個人毎にPCのログを取る。

ログを撮り終えたら解析し、
繰り返し行われている業務を見つける。

実際の作業を動画で確認することも可能。

イレギュラー作業や、他人と重複している作業なども解析。
このデータをもとに、RPA化を進めていきます。

実際に使用した方の声

37歳 不動産業 現場責任者

私(現場責任者)が経営陣にRPAを導入したい旨を伝えたところ、『具体的にどれぐらい効果があるのか検証しろ』という流れになりました。
資料作りに数ヵ月かかった挙句、結局は内容不十分として没になりました。
藁にもすがる思いで業務可視化ツールを使ったところ、削減可能な業務と時間が具体的に分かるようになり、経営陣に再アタック。
RPAの導入にGOが出ました。

45歳 電気通信業 取締役

数年前RPAという存在を知り、「絶対社内の効率化が出来る︕」と社内に周知し、意気揚々と導入をしましたが、どこを自動化していくかが上手く運用出来ず、効果が見えてませんでした。
VisiRoboを知り、早速デモを作成し利用したらまさに自動化する業務が見え、自動化し効率化が出来たことを実感できたと同時に、社員のストレスを解消することが出来ました。

月間単価比較

拘束時間
週3日勤務


月間単価

東京都平均時給
1,177円×8時間×12日+交通費他費用
14万円/月

ロボット

拘束時間
24時間
365日


月間単価

RPAライセンス費
7.5万円/月

すでにビジネス界においてRPA(仮想労働者)は
システムではなく、ともに働く仲間です!

RPAが登場して以来、テクノロジーの進化で今や導入のハードルは高くありません!
さらに「 VisiRobo!?」においては導入のハードルをさらに下げ、効率化を加速させるものです!
今まさに!!!自動化へのニーズがさらに高まっています。
時代に乗り遅れないよう、RPA導入のご検討を是非!

お問い合わせはこちら